クリニックのご案内診療のご案内フォトギャラリーHOME

2019年7月15日 (月)

黄砂、PM2.5は一体何をしているのか?

2019年7月15日(月曜日)

このたび、黄砂・PM2.5について講義をして下さいとの申し出を頂きましたが、果たして黄砂およびPM2.5がどの様な働きをしているのか私自身もよく知らないとの状況でしたので、今回の依頼をきっかけに黄砂・PM2.5について勉強してみることにしました。
患者さん達はよく黄砂アレルギーがありますとかPM2.5アレルギーがありますとか言われますが、黄砂やPM2.5自体はアレルゲンとしては作用はしていないと認識されており、黄砂やPM2.5に関するアレルゲンの血液検査項目もありません。
PM2.5とは粒子径が2.5μm以下のものを指し、一方黄砂はこれよりは大きく粒子径4μm程度とのことですので、この様な微粒子では分子量が小さすぎて、恐らくアレルゲンとしては作用し得ないのだろうと考えられます。

ところが、黄砂やPM2.5の大気中の浮遊濃度が高くなると、それに伴って喘息・アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎の発症頻度が高まるとの報告は多々認められましたので、やはり黄砂・PM2.5はアレルギー疾患の発症と何らかの関連性を有していると考えざるを得ません。

しかし、東京女子医大東医療センター眼科の三村達哉先生は、黄砂飛来時に来院したアレルギー性結膜炎の患者さん達に対して、1)黄砂自体、2)黄砂抽出液、3)加熱黄砂、4)二酸化珪素などの黄砂関連物質、を用いた皮膚テストを行ったところ、微生物や花粉などを含む黄砂そのもので最も皮膚反応が高く、花粉などを除去した黄砂抽出物では皮膚反応が低下し、加熱により微生物までもを取り除いた黄砂ではさらに反応が低下したとのデータを示されており、この事より黄砂自体は少なくともアレルゲンとしては作用していない事が確認されました。

結局、黄砂やPM2.5は、1)花粉類や金属類などによるアレルギー反応をアジュバント作用によって増強するとの機序、2)大気汚染物質内に含まれるディーゼル排気微粒子自体の毒性反応により粘膜刺激作用をきたすとの機序、といったアレルギー性および非アレルギー性の両者の反応に関わっているというのが実情であると思われます。

2019年6月17日 (月)

ハチアレルギー Up Date

2019年6月17日(月)

6月15日(土曜日)の診療終了後、急いで新幹線に飛び乗って東京に向かい、東京国際フォーラムで開催された日本アレルギー学会総会に参加してきました。
私も演題を発表し、また色々と新しい知見を学んできましたが、その中で今回は獨協医科大学呼吸器アレルギー内科の平田博国先生によるハチアレルギーに関するご講演内容を紹介したいと思います。

私自身、現在の開業地である西宮ではハチによるアナフィラキシーを経験する事はほとんどありませんが、開業前の勤務地であった三田市民病院にはハチ刺症によりアナフィラキシーショックをきたした患者さんが多く来院され、入院の上ハチ毒を用いた急速減感作治療を行ったりしていました。

ハチアレルギーによるアナフィラキシーショックの発症は広く知られているにも関わらず、現在なお2015年には23名、2016年には19名、2017年には13名の死亡症例が発生しているそうです。
原因となるハチの種類は、アシナガバチによるものが73%(1984年の統計)、71%(2010年の統計)と最多であり、ミツバチによるものは1984年の統計で1%、2010年の統計で8%とかなり稀です。しかもミツバチによる発症は98%がイチゴ農家や養蜂業などの職業関連による場合であって、一般人における発症はほとんどないとのことでした。

小児と成人との比較では、たとえアレルギー反応を起こしても小児の方が重症化しにくく、また次回に刺された際に全身症状を起こす確率も低いそうです。
ちなみに成人の場合、全身症状が生じた人が次に刺された際にまた全身症状をきたす確率は40〜70%だそうです。

但し、ハチ毒を用いた皮下注による減感作治療を行った場合、54/56名の患者さんでは次回に刺された場合にも全身症状は生じなかったとの事であり、この治療はかなり有効だったのだと確信しました。
1)急速減感作療法には1週間の入院治療が必要である事、2)現在海外からの抗原液の流通ルートが停滞している事、などの理由により当院では急速減感作療法を行う事は出来ませんが、今後この治療法が保険承認下で広く普及する事を強く願いたいと思います。


2019年5月19日 (日)

帝王切開は児の食物アレルギー発症を増加させる?

2019年5月19日(日曜日)

Mitselou医師らによって2018年に発表されたスウエーデンの乳児〜小児における大規模研究によると、帝王切開で誕生した乳児〜小児は経膣分娩で生まれた乳児〜小児と比べて、食物アレルギー発症のリスクが約20%高いとの結果が得られたそうです。
一方、早産による低出生体重児や妊娠期間に比して体重が少ない児における将来の食物アレルギー発症の危険性は認められなかったとのことでした。

何故帝王出産児で食物アレルギーの発症の危険性が高まるのかという点に関する説明づけとしては、従来から「膣内細菌叢への曝露によって小児のアトピー性皮膚炎発症のリスクが低下する」との衛生環境仮説が存在していたのですが、帝王切開児は出生時に膣内細菌叢への曝露を受ける事が出来ないため、この説を支持する機序によってアレルギー発症の危険性が高まる可能性が考えられています。

妊婦であるお母さんにとっては出来れば自然分娩で出産したいでしょうし、自分自身の意思に反して帝王切開を選択せざるを得ない場合も多々あるでしょうから、この仮説は歓迎したくないデータですが、今後その他の国々でもやはり同様のデータが得られるのかに関して研究の推移を見守っていきたいと思います。

2019年4月16日 (火)

ゴム手袋による遅延型アレルギー

2019年4月16日(火曜日)

少し前の話になりますが、3月17日に名古屋で開催されたラテックスアレルギーセミナーに参加してきました。
色々な知識を得て大変勉強になったセミナーでしたが、ここでは国際医療福祉大学三田病院小児科の北林 耐教授が講演されました、最近話題のゴム手袋による遅延型アレルギーについて紹介します。

ゴム手袋アレルギーと言うと真っ先にラテックスアレルギーを想像しますが、ラテックスゴム(天然ゴム)によるアレルギーはゴムとの接触直後に即時型アレルギーの臨床型で発症に至ります。
しかし、現実的にはラテックスアレルギーよりもゴム手袋に含有される化学物質による遅延型アレルギーの方が発症頻度は高いとされており、通常接触してから6〜48時間後に症状を発症し、最大4日間継続します。
化学物質の中ではとりわけ加硫促進剤によるアレルギーが多いのですが、加硫促進剤とは、ゴムを固めるために以前には硫黄が用いられていたのですが反応速度(固まる速度)が遅いため、固まるスピードを促進するためにゴム中に添加される化学物質を言います。
加硫促進剤の中では、チウラム系に起因する場合が最多であり、次いでカルバメート系、メルカプト化合物系の順に発症が多いそうです。

天然ゴム手袋中にはチウラム系・カルバメート系・メルカプト化合物系が全て含まれている場合が多いのに対して、合成ゴムではカルバメート系・メルカプト化合物系は含まれているもののチウラム系は含んでいない製品が多いため、総じて遅延型アレルギーの観点からも天然ゴム手袋よりも合成ゴム手袋の方がより安全という事になりますが、とりわけ加硫促進剤を全く含んでいないポリクロロプレン系の合成ゴム手袋がアレルギーを予防するという意味では最も安全だそうです。

2019年3月 3日 (日)

金によるアレルギーが増加している?!

2019年3月3日(日曜日)

昨日は夕方から兵庫県皮膚科医会学術講演会が開催され、私も診療終了後直ちに神戸の会場へ向かいました。
今回のご講演は2演題ありましたが、そのうち1題は昨年10月の本ブログでも紹介した済生会川口総合病院皮膚科主任部長の高山かおる先生による御講演でした。
高山先生は今回は、近年金によるアレルギーが増加しているとの大変興味深い話題を提供して下さいましたので、今回はそのお話について紹介する事にします。

これまで、金属によるアレルギーと言うと、ニッケル・コバルト・クロムなどによるアレルギーが多く、私も患者さんに対して"金や銀などの高価な金属によるアレルギーはかなり稀なのですよ"とお話してきました。
ところが、高山先生によると近年の疫学では、金属によるパッチテストは相変わらずニッケルの陽性率が最多であるものの、次いで金チオ硫酸ナトリウムの陽性率が高いそうです。しかも、金チオ硫酸ナトリウムのパッチテスト液で陽性をきたす患者さんはほとんどがチオ硫酸ナトリウムではなく、金の感作を反映している場合との事でした。
さらに大変興味深い事に、金による感作は日本人で多く、とりわけ高齢者で多いとの特徴が認められているそうです。
この感作経路の詳細に関しては未だ不明ですが、高山先生は歯科金属に意外に多く金が含まれている事が原因ではないだろうかと推察しておられました。

今後私も、"金によるアレルギーは少ないのですよ"という前言を撤回しないといけないですね。

バックナンバー

Copyright © Harada Skin Clinic. All rights reserved.  無断転載を禁じます