クリニックのご案内診療のご案内フォトギャラリーHOME

2011年11月

2011年11月13日 (日)

またまた茶のしずく石鹸アレルギーについて

2011年11月13日(日曜日)

皆様方には御迷惑をおかけしましたが、11月9日〜10日にクリニックを休診にさせて頂き、グランドプリンスホテル新高輪で開催された日本アレルギー学会に行ってきました。

これまでにも、このブログでは茶のしずく石鹸による小麦アレルギーに関する新しい話題を繰り返し述べてきましたが、今回の学会でも相変わらず茶のしずく石鹸による小麦アレルギーについても発表が数多くありました。
前回、"石鹸の使用を中止して1年以上経過すると小麦アレルギーは治ってくる"との朗報を御報告したのですが、今回さらに時間が経ち、より詳細な検討が行われた結果、どうやら事情は少し異なるようです。

確かに、アレルギーを発症しても石鹸の使用を中止して1年以上経過すると、多くの患者さんで通常の小麦製品を食べても異常を生じなくなるというのは間違いないみたいです。しかし、たとえ小麦アレルギーが治癒しても、加水分解小麦に対するアレルギー自体は治癒していない場合が多いようなのです。従って、再度加水分解小麦入りの茶のしずく石鹸を使用したり、加水分解小麦入りの食物を食べるとアレルギー症状が起こる危険性は否定できません。

この点については、さらに時間が経過しないと結論を出すことが出来ませんので、今後のさらなる検討を待ちたいと思います。



Copyright © Harada Skin Clinic. All rights reserved.  無断転載を禁じます