クリニックのご案内診療のご案内フォトギャラリーHOME

2013年4月

2013年4月 7日 (日)

タクロリムス軟膏の新しい使い方

2013年4月8日(月曜日)


4月6日(土)の診療終了後直ちに名古屋へと向かい、6日〜7日は名古屋で開催された日本臨床皮膚科医会総会に出席してきました。

今回も、色々と刺激的なお話しを拝聴してきましたが、その中でタクロリムス軟膏の使用法についてお話する事にします。
タクロリムス軟膏とは商品名をプロトピック軟膏と言い、アトピー性皮膚炎に使用される非ステロイド性免疫抑制剤の軟膏です。
これまでは、主に成人のアトピー性皮膚炎の方の顔面の紅斑に使用される事が多かったのですが、九州大学の竹内先生の御講演では、体の皮疹に対しても、ステロイド剤単独外用する場合と比べて、ステロイド剤の上からタクロリムス軟膏+保湿剤を重ねて塗った場合、明らかに痒みが減少するとのデータが示されました。

ただ、タクロリムス軟膏は1日に10gまでとの使用量の制限があり、また分離しやすいため他の外用剤との混合が困難な薬剤です。従って、全身の広範囲に塗ることがなかなか難しいのですが、湘南皮膚科の栗原先生は手のひらでタクロリムス軟膏と保湿剤とを混ぜて塗る事を推奨しておられました。

今までは、体の皮疹部にタクロリムス軟膏を処方することはほとんどなかったのですが、特に痒みの強い患者さんに対しては、私のこのような使用法も考慮してみたいと思います。


Copyright © Harada Skin Clinic. All rights reserved.  無断転載を禁じます