クリニックのご案内診療のご案内フォトギャラリーHOME

2014年4月

2014年4月 6日 (日)

アトピー性皮膚炎が治らない理由

2014年4月6日(日曜日)

昨日は診療終了後、大阪で開催された関西皮膚疾患懇話会へと出かけました。
京都府立医大皮膚科教授の加藤則人先生と大阪大学皮膚科教授の片山一朗先生とによるアトピー性皮膚炎に関する御講演で、どちらも大変感動的で有益な内容のレクチャーでした。

とりわけ、片山先生の御講演の中で、治療を行ってもアトピー性皮膚炎が改善しない場合には、その理由を考えるように...と述べられた事が印象的でした。
片山先生のお話では、通常の治療で改善しないアトピー性皮膚炎では何らかの因子による接触皮膚炎が合併していたり、また特に気をつけないといけない事は、アトピー性皮膚炎との診断自体が誤っていて、実は皮膚リンパ腫の一種である菌状息肉症の場合が稀には存在しているとの事でした。

両疾患の鑑別には皮膚の組織検査が必要であり、今後私もそのような点も考慮しつつ診療に臨まなければ...と痛感したような次第でした。

Copyright © Harada Skin Clinic. All rights reserved.  無断転載を禁じます