クリニックのご案内診療のご案内フォトギャラリーHOME

2016年9月

2016年9月14日 (水)

指しゃぶりや爪咬みをする子はアレルギーになりにくい

2016年9月14日(水曜日)

両親にとっては子供がいつまでも指しゃぶりや爪咬みを続けるという現象は決して喜ばしい事ではないでしょうが、ニュージーランドのオタゴ大学のRobert Hancox先生らは、「指を習慣的に口の中に入れる事は、アレルギー疾患発症のリスクを軽減する」との研究結果を報告されました。彼らの研究結果によると、親の申告で、5歳から11歳までに頻繁に指しゃぶりや爪咬みをしていた小児は、13歳までにアレルギーに関する皮膚テストで陽性をきたす比率が1/3低かったとの事です。

その理由は、これまでに論じられてきた"衛生環境仮説"の概念とほぼ同一であり、幼少期に細菌などに曝露する機会が多い程、免疫寛容が生じ、アレルギー疾患を発症しにくくなるとの考え方に基づいています。

このような学説は、子供がいくつになっても指しゃぶりや爪咬みを止めなくてヤキモキしている両親にとっては、少なからず心休まる朗報と言えるでしょう。

バックナンバー

Copyright © Harada Skin Clinic. All rights reserved.  無断転載を禁じます