クリニックのご案内診療のご案内フォトギャラリーHOME

2017年8月

2017年8月 1日 (火)

豚肉-猫(pork-cat)症候群について

2017年8月1日(火曜日)

近年、ネコアレルギー(但し、ネコの毛やフケではなく、ネコ血清アルブミンに感作した場合)の患者さんにおいて、豚肉を食べた後に腹痛などのアレルギー症状をきたす場合がある事に注目されており、豚肉-猫(pork-cat)症候群と称されています。

本症の特徴としては、
1)小児での発症は見られず、10歳代ないし成人において発症しうる。
2)最も多い症状は腹痛であり、通常豚肉摂取後1時間以内に発症する。
3)生の豚肉や豚肉の薫製などで発症しうるが、十分に加熱した豚肉では症状は生じにくい。
4)発症の原因として、ネコ血清アルブミンとブタ血清アルブミンとの間の交差反応に起因する可能性が考えられている。まだ報告された症例数が少ないため、イヌ血清アルブミンやウシ血清アルブミンとの交差性の有無に関しては不明である。
などの点が挙げられます。

これまでにも、クラゲと納豆との交差性やマダニと牛肉との交差性など、一見無関係と思われる因子間の交差反応によるアレルギー反応について紹介してきましたが、今後まだまだ奥が深い話が発見されそうですね。

バックナンバー

Copyright © Harada Skin Clinic. All rights reserved.  無断転載を禁じます